きゃりかつGatsbyブログ

プログラミングの出会いとその後

March 01, 2019

今僕はプログラミングが好きである。

モノづくりが簡単にできて、簡単に公開できるすごさがある。

プログラミングを好きになるまでの経緯を少し話したい。

私は大学に入るまで「プログラミングというのは情報系の一部の人だけが触るもの」のように思っていた。

大学一年の時にC言語にであったとき、つまらなくて難しいものだと感じた。

特にやる意味を見いだせず、表現工学科に所属した。

そこでProcessingという言語に出会った。これがのちの僕の人生を変えた。

Processingはメディアアートなどで用いられる言語で、数行書いただけで絵が出てくる。

もう数行書くと絵が動く。

すばらしいと思った。

イラストやアニメーションが大好きな僕にとって、これは神のツールとなった。

その言語を用いて「楽天温泉ハッカソン」で優勝。

楽しいことで賞を取ることがものすごく快感だった。

ただ、Processingでは実際アプリケーションとしての公開はできない。

そこからJavaScripthtmlCSSを学んだ。

同時にProcessingではできることが限定される(処理速度などの問題)ので、C++ベースのopenFrameworksをがっつりいじった。

ハードウェアも楽しかったので、Arduinoもやっていた。

(当時知らなかったのだが、静的ホスティング?ならこれだけでサービスを動かせるらしいですね)

サーバーサイドもないと行けなさそうなのでnode.jsを学んだ。

学んだことはハッカソンに出てブラッシュアップしていった。

node.jsだと機械学習がやりにくそうだったので(あとjsが嫌いになっていった)、Pythonにも手を出した。

やればやるほど沼にはまっていく。

今興味があるのが

  • Ruby on Rails
  • Docker
  • AWS
  • VPS
  • Firebase
  • Vue.js

何かを作りたいと思ったときに作れる体制を取っておきたい。


塙克樹

塙克樹 がサイトと作成しています。プログラミング勉強中です。 たぶんこのブログはメンタルヘルスやデータビジュアライゼーション等の情報を書き残していく(つもりです)。
Twitterフォローしてね!